脳梗塞などを予防して健康人生|食と運動でヘルシー体

サプリメント

手軽に栄養摂取

健康・美容効果が期待されるとして人気を集めているのが、グリーンスムージーです。手軽に作ることが出来る粉末タイプの種類も増えてきており、その人気は留まることを知らず、今後も続いていくのではないかと考えられます。

Read More

こんな人は注意

治療を諦めない!脳動脈瘤のことならこちらの医師に相談することをおすすめします。時間をかけて少しづつ症状に緩和が可能です。

脳梗塞の症状を知っておけば万が一の時にすぐに対応することができますよ。こちらに主な症状を掲載しているのでぜひご覧ください。

脳梗塞の症状は、人によって現れ方が異なります。急に意識を失ってしまう人もいれば、身体が動かなくなる人もいます。人によって症状の現れ方に違いがあるのは、障害を受ける部分が人によって異なるからです。脳梗塞は症状が進行していくと、脳血管性痴呆になることもあります。また脳梗塞は後遺症が残りやすい病気としても知られており、後遺症が残ってしまうと要介護になるケースも少なくありません。前兆を感じたら、すぐに専門の病院に行くようにしましょう。突然脳梗塞の発作が起こることもあるので、その場合も焦らず病院に行き、冷静に今の状態を把握することも大切です。

自分では初期症状に気づかなくてサインを見逃してしまう場合もあります。そのため、家族や友人で次のようなケースがある場合は周囲の人が俊敏に察知し、病院で受診させるようにしましょう。その中でもっとも代表的な症状が呂律です。呂律がまわらなくなり、言葉に詰まるようになったら脳梗塞の疑いがあります。その他にも顔に歪みが生じたり、会話が成立しないといった理解力の低下が見られたりした場合にも脳梗塞を疑いましょう。また、片方の手足が痺れる、うまく力が入らないなどの症状も老化だと思わずに病院で診てもらうことが適切です。ちなみに、つまづくことが多くなった人も脳梗塞の疑いがあります。かつ、高血圧や糖尿病、心房細動、肥満、喫煙者に当てはまる人は脳梗塞を発症しやすいといわれているので、自分自身と周りの人のことを注意して見てみましょう。

栄養を意識する

脳梗塞を予防、改善するにはまずは日々の生活習慣を見直すことが大切です。食事や喫煙に注意して高血圧や糖尿病を発症しないようにし、脳梗塞リスクを最小限に抑えましょう。

Read More

3つの種類

脳梗塞は、大きく3つの種類に分けることができます。ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症の3つです。これらは血管の太さや症状に違いを持っています。また原因も異なります。

Read More

手術の種類

脳梗塞の治療は、時期によって治療方法が変わってきます。また、脳梗塞の治療法は大きく急性期治療と慢性期治療に分けることができます。手術療法を行ない、頸動脈の詰まりを解消させることもあります。

Read More